部分解説 動画で 復習!
 
境界点までの離れ量点検
 
・離れ量の最終点検が重要
 
▲ 入門編 02-4(1:41)
 
 
境界点の座標計算
 
・計算で境界点の座標付け
 
▲ 入門編 03-2(4:40)
 
 
複数施設の座標原点
 
・複数施設の座標原点
 
▲ 入門編 03-3(2:01)
 
 
線分と複線の描き方
 
・境界と通り芯を紐づける
 
▲ CAD編 線分と複線(4:29)
 
 
座標読取りと測点登録
 
・座標を読取って測点登録
 
▲ CAD編 12-3(3:13)
 
 
登録点・画地をSima変換してUSBへ書出し
 
・登録点・画地をUSBへ
 
▲ CAD編 13-3(3:02)
 
 
USBからSimaをTSへ転送
 
・SimaをTSへ転送する
 
▲ CAD編 13-3(5:06)
 
 
標準とオプションのプログラム出来る事と必用な理由
 
標準とオプション SDR8 出来る事 と 必用な理由
 
▲ TS 必須条件 3(1:38)
 
後方交会・標準プログラムの操作手順+初心者-練習法
 
標準プログラム 後方交会 操作手順 初心者 練習法?
 
▲ 初級編 07-2(4:10)
 
後方交会・標準プログラムの操作手順+初心者-練習法
 
オプションプログラムSDR8 後方交会 操作手順
 
▲ 初級編 07-2(3:58)
 
 
▼ 必見動画【入射角別・測距】
 
・反射シートを後方交会の
 既知点に推す根拠の一つ
 
・ソキア・トプコン以外の
 TSで使用してはダメダメ
 
入射角0-45°動画
 
▲ 再生は画像クリック
 
鉛直角視準が明確な反射シートで近距離観測を実施してみた!
 
鉛直視準が明確だから反射シートの近距離精度は抜群
 
▲ プリズムとは違う(2:34)
 
 
点間距離が一致すれば 結果良好でも落とし穴あり
 
常に同じ基準点を使用するために知っておく誤差原因
 
▲ 後方交会の落し穴(5:03)
 
 
※ 本編動画の分割・貼付け予定
 
つづく