建築工事測量【 座標塾 】 入門編【 通り芯と座標 】



トップページ 誤差の原因 TSのススメ 動画で学ぶ! 反射シート原則論 必須グッズ
後方交会法とは 後方交会 初級07 後方交会 準備08 後方交会 誤差原因 後方交会 実践09 X差Y差の墨出し
 

  ■ 施工図・縦横方向の各通り芯に任意座標値を設定する!

 
 
 03 通り芯に座標値を設定
 
 
1. 通り芯座標値は原点(0,0)+スパン長により算出!
 
2. 建物配置の基準となる境界点の座標付けも必須!
 
3. 複数の建物(設備、施設)がある場合の原点は?
 
4. 平面直角座標(公共座標)の境界点との違いとは?
 
 
 
【動画 03】 縦横の通り芯にそれぞれの任意座標値を設定する!
03通り芯に座標値を設定

・「建物配置の基準となる境界点の座標付け」の解説は(2:33〜)
 
・「複数の建物(設備、施設)がある場合」の解説は (7:09〜)
 
 
■ 各通り芯に座標値を設定する

1. 通り芯座標値は原点(0,0)+スパン長で算出!
 
各スパン長
 
● 各通り芯のスパン長を確認する!
 
縦横スパンのたし算
 
● 各通り芯の座標値はスパン長をたし算するだけ ⇒ 簡単!
 
施工基準図の元
 
★ この座標値を記載した図面が施工基準図の基本形となる! 
 
★ 座標値のメリットは座標差で縦横寸法が確認できる事!  
 
(座標設定により細かい寸法のたし算が不要・漏れ防止にもなる)
 
 
  ◆ ここで、『建築業界の皆様』へ
 
   座標測量が浸透するために 以下の件で 切に「発信とご協力」
 
   ・ この座標値を設定する際に 測量系座標の存在を知らない or
 
     無視する設計者のお蔭で 大迷惑な符号が定着している!
 
   ・「X,Y通りの符号」は 測量以外でも迷惑 意識改革が必要!
 
   (この符号が定着している限り 座標測量の発想がない証拠!)
  
 
 
2. 建物配置の基準となる境界点の座標付け!
 
※ とりあえず 切取り動画 必見! パターンを理解して計算で座標付け
 
境界点との寸法条件・具体例
 
     ● 平行・垂線長による配置のため 縦横寸法を加減するだけでOK
 
     ▼ 境界点の座標値を計算で求めて 復習完了デス! 
 
境界点との寸法
 
境界点の座標付け
 
( ↑図面クリックで拡大できます)
 
     ■ 必ず着工時、建物配置位置の測量基準となる重要な座標です!
 
     ■ 同時に施工基準点を設置するための基準座標にもなります! 
 
     ■ 建物の配置基準は既設構造物等の場合もあり!(実務編参照) 
 
     ■ 境界点座標値の読取り方法については CAD編 のこちらから!
 
3. 複数の建物(設備,施設)がある場合の原点?
 
※ とりあえず 切取り動画 必見! 原点選定の原則を理解しよう
 
複数施設の配置例
 
複数施設の原点設置位置
 
     ● 左下の配置基準となる境界点を原点 (0,0) とするのが無難!
 
     ● 縦横方向は各施設の施工図ではなく、全体配置図 に合わす!
 
     ■ 座標軸原点の選定は 出来るだけマイナス区域を減らす位置へ
 
 
4. 平面直角座標(公共座標)と任意座標の違いとは?
 
平面直角座標系
 
     ● 公共座標の境界点を任意座標へ変換??の謎解き(下図参照)
 
     ● 平面投影する縮尺係数???とりあえず入門編では無視する!
 
     ● 提供された境界点の公共座標・・・建築関係の人は興味なし ?
 
 
 
任意座標系
 
● 東西南北は消滅し、施工図の縦横方向に軸回転・移動させただけ!
 
● 同じ土俵、軸回転と原点 (0,0) 移動により座標値が変化しただけ!
 
■ 測量の座標値は原点位置と X 軸方向の設定が基本! 
 
・次の入門編は・・・【 04 通り芯と方向角の関係 】
 
 
お問い合わせ 誤差の原因 TSのススメ 動画で学ぶ! 反射シート原則論 必須グッズ
Copyright © 2017    ★ 簡単!【 座標塾 】 トップページへ戻る ★    All rights reserved.
【 2024年も 作成・修正・更新 ing の仮配信中ですが・・・ 今年は頑張って 多数・更新したいと思います!】by 内由